インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。 ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。 両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。 歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。 治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。 失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。 人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。 両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。 インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。 もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。 入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。 インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。 義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。 どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。 他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。 そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、手術時に神経を損傷する危険を伴います。 どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。 この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。 それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。 本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外で治療を受けるという手段もあります。 北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。 長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集することが夢をかなえるためには大事です。 典型的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。 まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。 人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。 どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。 このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。 人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。 外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。 インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。 もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが不安や誤解がないでしょう。 もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。 とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。 また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。 最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。